メインイメージ画像

看護師のキャリアアップ方法

確実にキャリアアップが出来る看護師求人を求める声は非常に多いです。看護師としてのキャリアアップには知識を高めるという形態や、教育者として活躍するスタイル等、様々な方法があります。どんな道を選ぶときでも自らの人生計画と並行して検討するのがおすすめでしょう。キャリアアップを目指そうとすると時間やお金の面、気持ちの面で負担が生じます。負担が少なく収まるよう、専門分野に関して勤務しながら得るのか、学習施設で習得するのか等、色々な選択肢を考慮して慎重に決めたいですね。

イレギュラーな就業時間や夜勤、苦しい環境が際立っている看護師ですが、良さもたくさんあると思います。看護師は人間同士が関わりあう仕事なので、完全に同一の事例は絶対に起こりませんし、日々が新しいことの連続です。辛いシーンに出会うことも存在する一方で、生命の生まれる場に携わったり他人の人生に大きな影響を付け加えることも可能でしょう。言うまでもなくそれは責任が必要とされ負担にもなり得る部分ですが、やりがいを見出すことがきっと可能な仕事でしょう。

経済連携協定によってわが国は、インドネシア・フィリピンから看護師を受入れているのです。平成26年度からベトナムからの迎え入れを始めるようですね。けれど、日本国内で看護師として働くことを希望する外国の人にとって言葉の壁というのは高いようです。過去5年の間日本に来た看護師741人のうち国家試験に通ったのはわずか96人なのだそうです。病気の人を相手にする大切な仕事なので注意を払うのも当然ですが、少子化によって看護師不足の日本の医療の現場で力になってほしいですね。

更新情報